節約

【節約】2019年7月度 我が家の通信費レポート(ソフトバンク+楽天モバイル+NTT)

【節約】と見出しつけましたが、節約のための基準点作りの記事です。
SoftBnak Airの契約・解約のドタバタイベントがあったことをきっかけに、月々の支払いが大きい携帯代について、振り返りをしてみました。

我が家の通信費事情

僕と妻と子一人の3人家族。利用携帯はソフトバンクと楽天モバイルです。通信環境はこんな感じ。生活拠点を都会と田舎の2つもつことが、特徴的かも。

僕 :SoftBankのiPhone
    +楽天モバイルのモバイルルータ
妻 :楽天モバイルのスマホ
子 :SoftBankのガラケー
都会拠点固定電話:SoftBank 光
   (インターネットプロバイダ兼用)
田舎拠点固定電話:NTT

格安携帯の利用は、まだ妻だけです。

7月度のソフトバンク料金

料金や内訳明細の金額は、簡単にするため10の位を四捨五入してます。キャリア価格表の数字と違うこともあるかと思いますが、ご了解ください。

7月度のソフトバンク支払い額は約15,500円でした。

ソフトバンク内訳
僕 :6,100円
妻 :1,300円
子 :2,300円
自宅:5,000円  ※SoftBank 光料金
請求書代:200円
消費税 :600円

僕のiPhone向けのパケットし放題の定額分が5,700円なので、これが携帯料金のほとんどを占めてます。端末代はすでに支払い済みなので、負担なし。また長期利用特典の300円割引と、SoftBnak光導入のおうち割での割引が934円あります。

妻は、すでにソフトバンク携帯使っていませんが旧契約携帯の端末代金の未払い分の分割支払いが続いています。早く支払い終えたい。

子はガラケーなので、2,300円とさすがに安い。端末代の分割支払い代も入ってこの料金!

自宅とあるのは固定電話兼インターネットプロバイダとしてのSoftBank 光。NTTとどこかのプロバイダ契約するのとトントンと思われますが、5,000円は削減の余地があるような気もします。

あと請求書を郵送してもらっています。Web明細にすると支払いの痛みを感じなくなりそうなのと、妻の確定申告のためです。200円かかりますが、必要経費かと。妻の端末代金の支払い終わったら、Web明細にしてもよいかも。

7月度の楽天モバイル料金

7月度の楽天モバイルの料金は2,700円でした。

僕 :1,000円 ※モバイルルータ用
妻 :1,600円 ※格安携帯

僕の1,000円はモバイルルータの使用料です。3.1GB上限ですが、使い切ったのは過去2度ほど。田舎拠点が出来て、使用頻度は増えてます。

妻のはメイン携帯。ソフトバンクからMNPしたものです。

楽天モバイルの料金状況

妻の格安SIM携帯1,600円の中身を、もう少し知りたい人もいると思うので明細を。

スーパーホーダイプランS:1,100円
通話料         :24円
 ※利用実績2件。10の位四捨五入すると消えちゃうのでそのままの金額で
スマホ修理・新機種交換保証:500円

微妙に請求額と明細合計が合わないのは、10の位四捨五入のせいです。
スーパーホーダイプランSはデータ通信は2GBが上限ですが、自宅Wi-Fiの利用で2GB内に収まっているようです。あと楽天ダイヤモンド会員かつ3年契約の1年目なので1,100円でした。

通話料が安いのは10分間かけ放題の楽天でんわby楽天モバイルLine電話利用しているからです。

僕としてはスマホ修理・新機種交換保証の500円は外したいのですが、妻はよくものを壊すので本人たっての希望です(笑)

なにげに当ブログの人気記事は「楽天モバイルお得生活」の解約方法が見つからない、というものだったりします。これを解約するだけで月500円は節約できます。

7月度のNTT料金

二拠点生活のうち、田舎拠点の固定電話はNTTです。7月度の支払いが確定していないので6月度の料金です。

田舎拠点NTT料金:4,600円

ゴールデンウィークに帰った際使ったせいか?ほぼ使っていない回線にしては、異様に高い気がします。利用休止も視野に検討予定です。

まとめ

我が家の1ヶ月間の通信費は約22,700円となりました。とある1家庭のリアルな数値例かと。今年4月から二拠点分の通信費を払っているので、昨年より負担が増えてます。

まじまじ見比べて、格安SIMにすると安いなぁというのを感じます。僕自身は各種契約しているサービスの二段階認証にSMSが使われていることと、SoftBank光の契約回線になっていることからソフトバンクから出られないでいます。多少無理してでもMNPするかは、秋の楽天の携帯電話サービスが始まってから再検討かと。

節約のためには僕のスマホを格安SIMにする、モバイルルータを解約する、田舎拠点のNTTを休止する、などが節約のための選択肢になりそうです。年末くらいにはいまの半分程度にしたいと考えてます。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。