衛生管理者

【衛生管理者】再受験の申し込み(サンプル付き)

第二種衛生管理者試験に落ちた資格リッチです。今回再受験の申請書を作成しました。

衛生管理者試験イメージ

衛生管理者試験の再受験申請書の作成

受験申請書

まさかの第二種衛生管理者試験不合格。関東安全衛生技術センターで受験した際、念の為にと「再受験用の申請書」を持ち帰ってきましたが、まさか使うことになるとは。

受験申請書

「再受験用の受験申請書」はフルセットの受験申請書から「申請書の作り方」の部分が省略されたもの。以下のものだけとなっています。

・宛名用紙
・受験料の振込用紙
・免許試験受験申請書

受験申請書自体は初回も再受験も変わりません。ただ記入は2回目でも記入例とか受験資格コード番号とか「申請書の作り方」を参照したい部分があります。念の為フルセットの受験申込書も関東安全衛生技術センターから持ってきていたので、「申請書の作り方」を参照することができ助かりました。

免許試験受験申請書とその作り方
免許試験受験申請書とその作り方

衛生管理者の再受験に必要な書類

受験申請書のほかに用意が必要なものは以下の3点です。

・試験結果通知
・証明写真
・払込証明書

「不合格」の「試験結果通知」があれば職務経験を示す「事業者証明書」や「卒業証明書」など入手が面倒臭い書類の再添付は不要です。本人確認証明書(免許証のコピーなど)も添付の省略が可能でした。このため裏面の添付書類は試験結果通知書のみとなります。

衛生管理者再受験申請書(表)
衛生管理者再受験申請書(表)

再受験でも試験手数料は変わらず6,800円。とほほです。

衛生管理者再受験申請書(裏)
衛生管理者再受験申請書(裏)

裏面のチェック項目は提出時にはチェックを入れて出しています。

この受験申請書を封筒にいれて、宛名用紙を貼って、簡易書留で郵送。以上で申し込み完了です。ちなみに簡易書留の費用は440円でした。

衛生管理者試験申請封筒
衛生管理者試験 受験申請の封筒

これで「不備事項なし」の受験票が届きましたので、不足はないようです。

まとめ

衛生管理者試験の再申し込みを解説しました。試験会場に置いてある「免許試験受験申請書」は念の為持ち帰ってきてくると安心です。

再受験の免許試験受験申請書の作成で初回の申請と違うのは添付書類。不合格の試験結果通知を添付すれば「事業者証明書」、「卒業証明書」、「本人確認証明書」の添付は不要です。これ以外の再受験特典はありません。受験手数料は変わらず6,800円です。

次回試験で決めたいですね。以上、資格リッチでした。それではまた!

同じカテゴリーの記事

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め90以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 資産形成する資格マニアの日常を綴ってます。