ガジェット

iPadやiPhoneは無料でExcelやWordが使えます

マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)マスターの資格リッチです。

とある5〜6人の集まりでの会話。
iPadを使っている人に
 (質問者)「(マイクロソフト)オフィスは使えないんですか?」
 (回答者)「使えないよ。フリーのオフィスソフトを使わないとね」
という回答にみんな納得ムード。

ちょっと待って! iPadでもiPhoneでもMacでもマイクロソフトのワードもエクセルもパワーポイントも使えるんです。僕の中では当たり前過ぎましたが、もしかして意外と知られてないかも。

今回はApple製品でマイクロソフト オフィスが使えるって話です。

iPhone,iPadでは無料でMS Officeが使える

iPhone,iPadでApp storeでWord,Excel,PowerPointなどのキーワードで検索するとアプリがヒットするはずです。

iPhoneのApp StoreでExcelを検索
iPhoneのApp StoreでExcelを検索

スクロールすればWordもPowerPointも見つかります。

App StoreにはWordもExcelもあります

これらのオフィス、無料アプリです

ただし10.1インチより画面が大きいデバイス、つまりiPad PROの場合は業務用と判断されて、無料アブリは使えないそう。(このあたり、iPad PROは未所有なので、自分で確認していませんが)

つまりiPhone、iPad(除くPro)は無料でWord、Excel、PowerPointが使えます。DropBoxに入れたExcelファイルをiPhoneで確認なんてときに重宝します。無料でもファイルの更新も出来ます。ちゃんとしたマイクロソフト公認のオフィスソフトです。

iPad Pro,MacでもMS Officeが使える

年間購入型のOffice 365を購入すれば、iPad ProでもMacでも、Windowsと同様にMS Officeが使えます。

僕はOffice 365 Soleという家庭向けのOffice 365を12,744円/年で利用しています。一ヶ月あたり、1,274円です。

お得なのは同一ユーザーが使用する複数のWindows PC、Mac、タブレット、スマートフォンでOffice アプリケーションを使用可能なこと。つまりWindows PCとMacのOfficeを別々に買わなくても、1つのOffice 365の購入でWindowsもMacもまかなえるんです。WinとMacの二刀流の人ほどお得感あります。

画面はMacでExcelが動いている図。株の配当とか給与外収入をまとめたファイルを開いています。再投資型のインデックスファンド投資がもっぱらなので、個別株はあまり持っていませんが。と、今回は資産形成の話でなかった・・・・

MacでExcelが動く

Office 365 SoloはWordExcelPowerPointOutlookskype1TBのOne Driveが付いてきます。Windowsならば加えてPublisherAccessも。おおよそソフトに不足はありません。

Office 365のデメリットは

デメリットは1年毎に契約を更新する必要があるということに尽きるでしょう。常に最新版が使える代わりに、買い切りということができないので、延々マイクロソフトに1万2千円強のお布施をしていくことになります。

年間契約を更新しないことは可能です。その場合はOfficeが認証切れで使えなくなります。

まとめ

iPhone,iPad(除くPro)は無料のマイクロソフト オフィスアプリが、iPad PROとMacにはOffice 365を購入することで、マイクロソフトオフィスが使えるようになります。

ファイルはOneDriveやDropboxのようなネットワークドライブ経由でWindwosとApple製品の双方で共有するのがスマートなやり方でしょう。

Apple製品でMS Officeが使えるのはとても便利。ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。