ガジェット

【二拠点生活】SoftBank Air 結局解約しました

前回、SoftBank Airの導入記事を書きました。が、その翌日、結局SoftBank Airを解約することに決めました。導入決定も早かったが、解約の決断も早かった。

結局SoftBank Airでストレスフルに

SoftBank Airの導入で、モバイルルーターの容量制限からのストレスフリーを目指したのですが、PCでインターネットが満足に見れない(作業がはかどらない)、スマホをSoftBank Airにつなげたらメールチェックも満足にできないと、自分のみならず家族からもクレームがでました。

気がつくと楽天モバイルの回線でモバイルルーターを使っていたときよりストレスフルに。「これで毎月の固定費が増えるのは高いよね」という妻の声に押され、解約に踏み切りました。

Softbank Air ターミナル
Softbank Air ターミナル

SoftBank Airの解約方法

契約から8日以内の解約は違約金とかなくできるようです。これもクーリングオフですかね。契約時にもらった書類にはクーリングオフに関する記載がなかったので、ダメかと思っていました。

契約時にもらったクリアファイルに書いてあったSoftBank インターネットサポート(0800-1111-820)に電話して、オペレーターさんに「インターネットに満足につながらないので解約したい」旨を伝えたら、とくに引き留めとかもされず、あっさり解約手続きをしてもらえました。ここで不快な想いをしなくて済んだのはよかったです。

携帯のSMSにSoftBank Airの返送先を送ってくるそう。電話30分経過の現時点ではないですが。

まとめ

都会ならまだしも、田舎でSoftBnak AirみたいなLTEを活用したサービスは時期尚早でしたかね。期待していた成果が得られなかったのは残念です。「そこそこ使える」なら利用を続けたのですが、我が家では「ほとんど使えない」という評価になってしまいました。

ただSoftBank Airは契約後8日以内なら解約は簡単にできます。「使える」「使えない」の見定めはこの期間にできるということですね。インターネット使い放題という期待していた成果を得られなかったのは残念ですが、ストレス抱えたまま支払いが続くということにならなくてよかったです。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。