高配当株・ETF

【高配当投資】2021年3月の配当金レビュー

学びと投資で豊かになるブログ。今回は2021年1〜3月の配当金をチェックします。アーリーリタイアのためには、月々入ってくるキャッシュは超重要。配当金は大いに当てにしたく、去年から高配当投資をはじめました。ちゃんとキャッシュが入ってくるか、方向性はまちがっていないか、四半期ごとにチェックします。

2021年1〜3月の配当金状況

昨年から始めた高配当株(ETF)投資。銘柄として国内ETFとしてNFJ-REIT、米国ETFとしてHDVとSPYDの2つの計3つを保有しています。HDVとSPYDは米国高配当ETFとしてメジャーなものです。

配当金を表にしてみます。

入金日 銘柄単価 数量受取金額(円)
3/19NFJ-REIT16.6円1,80023,810円
3/26SPYD0.63616$2,300114,379.15円
4/2HDV0.88212$20013,795.05円

※1$=109円で換算

HDVの日本での入金日は4/2ですが、アメリカでは3月に配当金がでていたので、3月分としました。

3銘柄の配当金合計で日本円にして約15万円です。どの銘柄も年4回配当ですから、1ヶ月あたりの配当金は3で割って、約5万円。逆に1年間では、配当金も為替も変わらなかったとすれば、4倍して約60万円です。

この配当のための元本は約1200万。年率5%となります。高配当の目安として4%を基準としているので、かなり好調です。

Haito2021

楽天証券の配当金・分配金一覧画面。米国株式の配当金を円換算でだしてくれれば最高なんだけどな。

まとめ

2021年1〜3月のNFJ-REIT,SPYD,HDVの配当金は約15万。年間では配当金と為替が変わらないと過程して60万になりそうです。

配当金は投資額に対して5%ほどのリターン。期待値の4%を1%上回っているので好調。方向性は間違っていないと思われます。これと並行でインデックス投資も育ってますし、現在のところ資産形成は順調です。

次の配当月は6月。今後の方針は、押し目買いして配当金を増やす活動を続けます。目先、倍額は目指したいですね。

配当金でリタイア後もリッチに。資格リッチでした。それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 資産形成する資格マニアの日常を綴ってます。