個別株

【株主優待】ドトール優待カードはバリューカードに合算しよう

ドトールコーヒー(会社名:株式会社ドトール・日レスホールディングス)の株主優待が届きました。今回はちょとしたマネーハックを。

2020年度ドトールの株主優待

私が資格勉強などで愛用するドトールコーヒー。そのドトールコーヒーを運用しているドトール・日レスホールディングスの株主優待と配当が届きました。ドトール・日レス株は優待目当てで100株保有しています。

今回届いたもの
 配当金  1,700円
 株主優待 1,000円分のご優待カード

ドトール株主優待
資格リッチ

ドトールは資格勉強でよく使うので重宝してます

優待カードの金額をドトールカードに移行する

デートのお茶の支払いに「ドトールの株主なんだ」とさり気なく株主ご優待カードを使ってリッチ感をアピールする手もありまますが(笑)、ドトールユーザなら持っている”ドトール バリューカード”にこの1,000円を合算することができます。

優待カードの金額をドトールバリューカードに合算

やりかたは簡単。WEB会員ページ(マイドトール)にある「残高合算」機能を使います。

マイドトール 残高合算

ここで優待カードの裏にあるカード番号とPIN番号を入力して登録します。

バリューカード合算

基本的に画面の指示に従えば大丈夫。手続きが終わったら残高更新ボタンを押して、ちゃんと合算ができたかは確認しておきましょう。

マイドトール

合算が終われば優待カードの方は処分しても大丈夫。これでカードを2枚もつ煩わしさから解放されます。

資格リッチ

カードが1枚で済んでスマート!

有効期限について

株主優待カードの有効期限は1年間、合算した場合、有効期限は合算日、および最終ご利用日より3年と延長されます。使い忘れも防げますね。

さいごに

以上、ドトールの株主ご優待カードをドトールバリューカードに合算する方法でした。最近はドトールもコロナで営業自粛していて業績が心配ですし、なにより愛用のお店が使えなくて不便。はやく日常が戻ってくるといいですね。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。