積立投資

【積立投資】ファンド積立 成長の記録(2020年5月版)

私の資産形成の主軸はファンド積立。いま2つのファンドに集中するように積立を使って全体資産を組み替えています。2020年5月末時点の状況です。

ファンド積立状況

私のファンド積立投資の主軸はeMaxis Slim バランス(8資産均等型)eMaxis Slim 先進国株式インデックスです。いままでバランス(8資産均等型)を”主”、先進国株式インデックスを”従”と位置づけていいましたが、この5月より先進国株式インデックスの方に投資の軸足を置く、リスク高めにシフトしました。

変更後、最初のチェックとなります。

2020年4月時点はこんな状況でした。

銘柄1 :eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
口数  :3,474,251口
評価額 :3,270,312円

銘柄 2:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
口数  :917,678口
評価額 :922,633円

2020年5月28日時点でこのように変わりました。正確には明日が月末ですが、だいたい月末ということで。

銘柄1 :eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
口数  :4,291,745口( +817,494)
評価額 :4,515,345円(+1,245,033)

銘柄 2:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
口数  :2,071,499口(+1,153,821)
評価額 :2,480,620円(+1,557,987)

5月のSlim バランスは積立で830,000円の購入。
先進国株式インデックスは積立(820,000)とスポット購入(500,000)と楽天ポイント投資(2,697)で1,322,697円購入してました。5月はゴールデンウィークの関係で4月積立分の約定日も5月になっていたりして、異常な積立額になっています。

資格リッチ

なんか自分でもすごい額が動いていると思いますが、資産配分の変更中で、別の資産は減っているわけで、月何百万も稼いでいる訳ではありません。

楽天証券にファンドを集中させているわけ

このファンドは楽天証券で積み立てています。なぜ楽天証券かというと、積立の反対の定期売却という機能があるから。

この定期売却がアーリーリタイヤ後の収入となる出口戦略が描けるからです。この定期売却機能はSBI証券もありますが、楽天経済圏で生活してる私は楽天証券というわけ。なので、他の証券会社に預けている資産を徐々に楽天証券に集めているのが現在のフェーズです。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。