NISA/iDeCo

【投資】2019年のNISAの成績

2018年4月から始めているNISAの成績についてまとめてみました。私はつみたてNISAを選択しています。

つみたてNISAの設定状況

つみたてNISAは40万円の非課税枠があります。1年でほぼ40万になるように、私はひふみプラス楽天・全世界株式インデックス・ファンドの2つのファンドを積み立てています。使っている証券会社はマネックス証券です。

 ひふみプラス              1.0万円/月
 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 2.3万円/月
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                合計   3.3万円/月
                   → 39.6万円/年

2019年12月末時点のNISA成績

つみたてNISA2019年の成績
つみたてNISA2019年の成績

2019年12月30日時点のつみたてNISAの成績です。

ひふみプラス       :12.0万の積立で +5,852円(+4.88%)
楽天全世界株式インデックス:27.6万の積立で+16,367円(+5.93%)

2018年4月からつみたてNISAを初めているので22ヶ月目となります。総額72.6万円の積立で、損益は+45,839円(+6.31%)のリターンとなっていました。

4〜6%台なら、そこそこの成績かなと思います。このところの世界株高、もっとよくても文句は言いませんが。
普通の投資であれば益額から20%の税金ひかれるところ、NISAならその心配はないところがいいですね。

まとめ

あらためて思うのは月3.3万、年間39.6万の積立、まるで亀の歩みのよう。当たり前ですが、ザクザク増えていく訳ではないことを実感します。

毎年の損益なしで考えて、10年で約400万円。老後2000万円問題の根本解決になりません。もっと非課税枠が大きければいいのに。

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。