NISA/iDeCo

【投資】2020年4月度のiDeCo成績(運用利回り-5.06%)

厚生年金のあるサラリーマンですがiDeCoもしてます。2020年4月度のiDeCoの成績をチェックしました。iDeCoについては少額なので年1回行えばいい内容ですが、コロナショックと銘柄をスイッチングしたあとなので。昨年末とは運用利回りが大違いです。

iDeCoの設定状況

サラリーマンの私が積立られる年間14.4万のiDeCoの上限枠杯まで積み立てています。毎月1.2万を積み立ていますが、2019年末から積立銘柄を変えました。

2019年末の構成
先進国株式(50%):三菱UFJ国際スリム先進株マネDC
国内株式 (30%):ONEDIAM国内株式マネDC
新興国株式(20%):三菱UFJ国際スリム新興国株マネDC

2020年4月末時点
バランスファンド(100%):三菱UFJ国際スリム8資産マネDC

毎月1.2万という少額で銘柄を分散しても大した意味ないと今更に気づき、バランスファンド一本にしました。それまでに積み立てていた3銘柄はスイッチングという手続きで三菱U国際スリム8資産マネDCに買い替えました。

2020年4月末時点のiDeCo成績

銘柄変更後の運用利回りは-5.06%。昨年末は+11.6%だと思うと天国と地獄です。

iDeCo開始時からの評価
 運用金額 :293,152円
 評価額  :276,246円
 損益    :-16,906円
 運用利回り:  -5.06%

2020年4月度のiDeCo成績

銘柄のスイッチングは3月30日に行われました。コロナショックでファンドの価格が下がったときに、ファンドのスイッチングが行われたことになります。そのため、三菱U国際スリム8資産マネDCは買ってから6.5%の評価益が出ています。

三菱U国際スリム8資産マネDC購入時からの評価
 取得金額 :259,357円
 時価評価額:276,312円
 評価損益 :+16,955円
 運用利回り:  -5.06%

この評価自体は対して意味をもちませんが、三菱U国際スリム8資産マネDCのせいで利回りが悪くなったんじゃないという名誉のためにね。もちろん大事なのは私のiDeco運用金額に対するリターンですが。

まとめ

2020年4月末現在、私のiDeCoは-5.06%の運用利回り。運用金額が小さいので大したことありませんが、コロナショックの影響はしっかりうけました。

今後に期待というとこですが、積立額が小さいのでアーリーリタイヤの原動力にはならないのが実情です。でも「できることはすべてやる」の心構えで続けてます。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。