積立投資

【積立投資】投資信託の積立金額を大きく減額する

学びと投資で豊かになるブログ。今回は積立て投資の方針を変更した話です。

積立て金額を変更する

私が積立をしているのは投資信託(ファンド)。eMAXIS Slimシリーズの2つの投資信託を楽天証券で積立てています。

積立て投資信託(ファンド)

・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

これまでの月々の積立額はバランス(8資産均等型)が28万円、先進国株式インデックスが27万円。合計55万円でした。

積立額のうち5万円分は楽天カード決済によるもの。楽天証券は楽天カードで積み立てをすると5万円分までポイントがつくからです。これが月々の収入からの積立分。それ以外に50万円を、過去の投資商品を解約した現金プールからの積立てていました。

今回、積立て額を大幅に減らす変更をしました。楽天カード決済による積立5万円は変えずに、それ以外の銀行引落での積立て50万分を10万円に大きく減らしました。積立ての内訳は、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)5万円、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス5万円。新しい積立額を表にするとこんな感じ。

銘柄積立方法積立金額
バランス(8資産均等型)楽天カード決済3万円
バランス(8資産均等型)銀行引落5万円
先進国株式インデックス楽天カード決済2万円
先進国株式インデックス銀行引落5万円
新・積立金額

積立て額を変更した理由

積立て投資の金額を減らした理由は大きく3つです。

1.現金プール金が減ったから

現金プールは無限にあるわけでなく、このベースで積み立てると近々プール分がなくなります。そのため、ペースダウンをはかりました。

2.ファンドの残高が大台に乗ったから

今年の6月くらいから、2つの投資信託とも評価額が1,000万円超えました。資産の塊として考えたとき、一区切りついたかなと思ったからです。

3.高配当投資にシフトするため

コロナワクチンの副作用で寝込んだ際、布団の中で考えたのは「会社行かないで済むようにまだなっていないなぁ」ということ。働かないでも十分な収入があるようになっていないのです。不労所得の代表といえば、やはり配当金。高配当投資へのシフトが十分でないと思ったからです。

今後の方針

ということで、インデックスファンドの積立て投資から高配当投資へ軸足を移す準備をはじめましたというのが、今回の記事の趣旨です。高配当投資のメインは米国高配当ETFの”SPYD”ですが、円ベースでの配当金も考えたいので、どうするか思案中。高配当株投資の成長の記録も、適宜記事にする予定です。目指すはFIRE。

以上、投資方針を変更した話です。投資でリッチに、資格リッチでした。それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 資産形成する資格マニアの日常を綴ってます。