積立投資

【積立投資】ファンド積立 成長の記録(2020年8月)

私の資産形成の主軸はファンド積立。いま2つのインデックスファンドに集中するように積立を使って全体資産を組み替えています。2020年8月末時点の状況をお見せします。

ファンド積立状況

私のファンド積立投資の主軸はeMaxis Slim バランス(8資産均等型)eMaxis Slim 先進国株式インデックスです。

現在、eMaxis Slim バランスの方に30万/月、先進国株式の方に50万/月積立てています。証券会社は楽天証券。積立金額が異常に大きいのは別のコストの高いファンドを解約した手元現金が現在多いからで、毎月こんなに稼いでるわけではありません。

2020年5月末時点のファンド積立状況

前回チェックしたの2020年5月末時点はこんな状況でした。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

口数  :4,291,745口
評価額 :4,515,345円

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

口数  :2,071,499口
評価額 :2,480,620円

バランスファンドと先進国株式インデックスとの評価額の差が200万ほどありました。

2020年8月末時点のファンド積立状況

2020年8月30日時点で2つのファンドはこのように育ちました。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

口数  :5,215,138口( +923,393口)
評価額 :5,832,610円(+1,317,265円)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

口数  :3,679,089口(+1,607,590口)
評価額 :5,024,900円(+2,544,280円)

5月から3ヶ月間で随分積み上がり、2つのファンドとも500万に達することができました。評価額の差は80万ほどに縮まりました。先進国株式インデックスがコロナショックのあとのコロナバブルにうまくのった感じです。このところの株価の上昇具合は怖いくらいなので、そのうち調整がありそうな気がします。

今後の方針

日本では安倍首相の辞任報道があり、アメリカでは11月に新大統領が決まったりで、当面不安定な相場が予想されます。個人的には下げる方向かなと想像はしてみますが、積立は状況に合わせずに淡々と積み立てるだけ。積立はタイミングを考える必要がないのが楽です。

ちょうど中国株やWealthNavi、VISA株を売却して手元現金はさらに増えたので、両ファンドとも月々の買付額を50万にして臨もうと思います。そのほか月々の出費を減らして、投資資金を捻出するのが基本戦術。そして、まずは両ファンドを各々1,000万円に育てるのが目標です。両方とも2,000万になれば、他の資産と合わせてFIREも簡単かな。それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。