高配当株・ETF

【高配当株】SPYDの6月度配当金でた!税金がっつり引かれているみたい

米国高配当投資としてコツコツ積み上げている米ETFのSPYDの配当金がでました。1週間前の6月26日に出ていましたが、TOEIC模擬試験で忙しくてね。ようやく記事にできました。

2020年6月のSPYDの配当金

2020年6月のSPYDの配当金単価は0.36572USドルでした。1,000口保有しているので、千倍して税引き前の配当金は365.72USドルです。受取金額は262.30USドルとなっています。

SPYD 2020年6月配当金

この差、-103.42USドルの説明が見つからないんだけど、税金ということでよいのかな?

ちょっとググったところでは米国内では連邦個人所得税10%が源泉徴収、日本での課税税率は20.315%とのこと。30.315%が課税いうことです。私の計算だと30.315%だと微妙に計算が合わないのだけど、課税日の為替レートが影響しているのかな? いろいろ分からないことがありますが、この記事を書こうとしなければ多分疑問に思わなかった部分。ぼちぼち勉強していきます。

さて本日のドル/円レート 1ドル107.61円 で配当金を円換算してみます。

ドルベース円換算
配当金365.72USドル39,355.13円
税金?103.42USドル11,129.03円
受取額262.30USドル28,226.10円

SPDYの配当は年4回なので、3ヶ月分で2万8千円。単純に4倍すると年11万2千円程度の配当となります。

1,000口取得するのに約323万円投入しているので、アバウトに計算して円ベースでの予想配当利回りは税引き前4.9%、税引き後だと3.5%。で、いいのかな?

資格リッチ

夢の配当金生活は遥か彼方です。。。

感想

予想配当利回りは5%超えるかな思ったけど、思ったほど奮いませんでした。まあこんなものか。米高配当ETFのなかでもSPYDだけは6月度配当が減ったというニュースも聞きましたが、それだけではこれからも悪いという判断ならないので、まだしばらくはSPYDに投資を続ける予定です。

現在米国と日本の二重課税になっていて、確定申告で「外国税額控除」を申告することによって、米国内で課税された税金を所得税から一定額控除できるそう。こちらは来年の確定申告で忘れずしないといけません。

分からないこともあるし、損なことをしているかもしれませんが、自分で勉強して実践して身にしていくしかないですね。学びは尽きません。

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。