投資生活

マネーフォワードで資産を把握する

お金を作るうえで、最初に行うことは自分の資産を把握することです。貯蓄や投資などの正の資産、住宅ローンなどの負の資産です。そして次に日々のお金の動きです。

貯蓄や投資で積み上げられる資産や、ローンなどの負債はExcelで管理してもよいかもしれません。日々のお金の動きならば家計簿をつける必要があります。

以前の私は資産はエクセルで管理していました。家計簿は何度もチャレンジしましたが、残念ながら続きませんでした。が、昨年その問題は一気に解決しました。

それはマネーフォワードという家計簿サービスのおかげ。金融機関や電子マネーに連動して自動で家計簿と資産簿を作成してくれるソフトです。インターネットサイトのほか、スマートフォンアプリがあります。

マネーフォワード(公式サイト)

マネーフォワード インターネットサイト

以下はiPhone版のマネーフォワードアプリ、マネーフォワードMEの画面です。

マネーフォワード ホーム画面
マネーフォワード
ホーム画面

投資資金の増減を踏まえた総資産も一目瞭然で把握できるので、資産を積み上げようという励みになります。

マネーフォワード
入出金画面

このアプリを有効に利用するには電子マネーを多用し、極力キャッシュレスで支払いするのがポイントです。使い過ぎを防ぐため現金派でしたが、このアプリを使うために、電子マネー派に転向しました。おかげで使途不明金がずいぶん減り(使途不明金になるのは財布からお金がでたものを記録し忘れた場合だけです)、本当にお金が見える化されました。

マネーフォワード
口座画面

銀行のほか、電子マネー、証券会社、ポイントカードのポイント、通販サイト、さらに ねんきんネットまで連携できます。自動連携できない財形貯蓄や退職金予定額などは手入力しておけば総資産の把握はバッチリです。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。