資産形成

上昇相場に投資信託(eMAXIS 無印)で利確売却

学びと投資で豊かになるブログ。今回は投資。2月の上昇相場で保有投資信託を少し売却した話です。

投資信託 eMAXISを売却したわけ

2月に入って日経平均は最高値を更新中。10日の終値は29,562.93円と3万円の大台目前です。世界的にも株高傾向です。

個人的には不況下の株高。暴落が怖くて、2月2日に保有資産の整理をして利益確定しました。売却したのは以前積み立てていた投資信託のeMAXISシリーズ。

eMAXISシリーズは信託報酬も安くよいものです。ただ、ほぼ同じ投資信託で名称にSlimが”ついているもの”と”ついていないもの”(以下”無印”と表現)があって、手数料が違います。
(例:eMAXIS TOPIXインデックスとeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX))

無印は銀行窓口販売用、Slimはネット証券用みたいな感じで、知識がない人には手数料の高いものを売って、勉強している人には手数料の低いものが買える仕掛け、というところでしょうか。

今回売ったのは、eMAXIS Slimシリーズが出る前に積立をしていたもので、Slimがでてから積立をやめています。私は基本的に長期保有スタイルで売却はめったにしないのですが、今回は利益確定もできて、手数料の高いものを手放す良い機会と思えました。

eMAXISの無印とSlimの信託報酬の比較

せっかくなので、信託報酬の違いを表にしてみます。eMAXISはいくつも商品がありますが、私が購入していたものに限定します。

ファンド名無印信託報酬Slim信託報酬信託報酬差
eMAXIS TOPIX0.440%0.154%0.286%
eMAXIS 先進国株式0.660%0.102%0.558%
eMAXIS 新興国株式0.660%0.187%0.473%
eMAXIS 新興国債券0.660%販売なし
eMAXIS 国内リート0.440%0.187%0.253%
eMAXIS 8資産均等型0.550%0.154%0.396%

データ:MORNINGSTAR 主要インデックスファンドシリーズ 信託報酬の一覧(2021.2.11時点) ※信託報酬差は筆者が計算

資格リッチ

0.X%の差でも長い期間では大きな差に。
Slimを選ぶべきですよね。

2月のeMAXIS売却益

今回のeMAXIS売却の利益はこんか感じです。新興国債券は振るいませんでしたが、そのほかはなかなかです。

ファンド名売却益
eMAXIS TOPIX387,867円
eMAXIS 新興国株式496,675円
eMAXIS 新興国債券4,498円
eMAXIS 8資産均等型207,720円
合計1,096,760

売却時に源泉徴収で結構持っていかれました。納税は義務だから、しょうがないですけど、損した気分ではあります。

地方税 54,832円
所得税167,954円
合計222,786円

売却して受け取った金額は月々の積立て(eMAXIS Slim 8資産均等型とeMAXIS Slim 先進国株式)に当てることとします。売却は資産形成の一環であって、遊興費の捻出ではありませんから。

実はeMAXIS 先進国株式 とeMAXIS 国内リートも持っているんですが、これらはまだ売却できていないんですよね。まだ含み益が膨らみそうな欲がでちゃって、踏ん切りつかず。よし、この記事アップしたら売ろう。

まとめ

単なる勢いで手数料高め(それでも銀行窓口で売っている投資信託よりずっと安いですけどね)のeMAXISを売却して利益確定しました。売却益は約110万。普段、損切りが多い私にしては珍しく大きい利益確定です。

売却益など手にした現金は、一旦キャッシュポジションに置きつつ、月々のeMAXIS Slimの買付にまわして、資産形成に励みます。

投資で人生リッチに、資格リッチでした。それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 資産形成する資格マニアの日常を綴ってます。