高配当株・ETF

【高配当投資】2021年6月の配当金レビュー 20万初達成!

学びと投資で豊かになるブログ。今回は2021年4〜6月期の配当金をチェックします。アーリーリタイアのためには、月々入ってくるキャッシュは超重要。配当金は大いに当てにしたく、去年から高配当投資をはじめました。ちゃんとキャッシュが入ってくるか、方向性はまちがっていないか、四半期ごとにチェックします。

2021年4〜6月の配当金状況

銘柄別配当金

昨年から始めた高配当株(ETF)投資。高配当銘柄として国内ETFからNFJ-REIT、米国ETFからHDVとSPYDの2つの計3つを保有しています。これ以外にも、これまで保有している株式の配当がでていたので、これらを加えて、この3ヶ月の配当を集計してみました。

2021年1Q配当金

上の表は給与外収入をまとめている表。4〜6月に配当がでた銘柄だけ表示させました。貸株配当金相当額というのは、貸株をしている銘柄に対して、配当金相当の金額が証券会社から振り込まれるもの。複数あるので合算してます。貸株で入っている額は毎月100円ちょっと。大した金額でないので、貸株やめて、素直に配当金をもらったほうが配当金が管理しやすいかもと現在は思ってます。

また米国高配当ETFであるSPYDやHDVのドルでの配当(ETFなので正しくは分配金)は、配当日の為替レートで配当金を日本円にして合計額を計算しました。

高配当銘柄の状況

昨年からスポット購入を始めた高配当銘柄を抽出してみます。

銘柄配当単価数量受取金額(円ベース)
NFJ-RIET19円1800口34,200円
SPYD0.39891$2500口110,469円
HDV0.81032$250口22,322円

日本のREIT-ETFと高配当米ETFは6月に配当がありました。SPYDが約11万円。ようやくひとつの銘柄から10万を超える配当をもらえるようになりました。高配当投資が一つの形になってきた気がします。

月別の分配金額

2021年度第一四半期の月別配当記を円ベースで切り出してみます。

配当金 
4月20,903円
5月35,410円
6月211,961円

6月は20万円の大台ですが、それ以外は2万とか3万とか。現在買っている高配当株・ETFの配当月が3,6,9,12月の3の倍数月に来るためで、当初からの想定通りですが、やはり6月以外の月が寂しいですね。また6月の配当金も税引前の数字なので、手取りは2〜3割減となります。3の倍数月の手取り配当金を20万を目標にするのと、それ以外の月をもう少し配当がもらえるような戦術を考える必要があります。

まとめ

税引前、かつ為替レートで変動はしますが、この6月、初めて配当金が月20万に達しました。インデックス投資と高配当投資の両輪で回していますが、高配当投資でも成果が出てきたことを感じ素直に嬉しいです。

今後は3の倍数月にもう少し手厚く配当がもらえる様にSPYDやHDVなどの現行の高配当銘柄を積み増すとともに、それ以外の月の配当を増やすように高配当銘柄を勉強します。夢の配当金生活が近づいてます。

配当金でリタイア後もリッチに。資格リッチでした。それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 資産形成する資格マニアの日常を綴ってます。