マネーハック

SoftBank光からSoftBank Airへ 固定電話が繋げないぞ!

家のインターネット回線をSoftBank光(有線)からSoftBank Air(無線)に変更することにしました。そこで困ったのが固定電話。SoftBank光では固定電話は繋げましたが、SoftBank Airでは固定電話は繋げません。対策を調べているうちに、電話加入権が消滅していることが分かりました。過去、電話加入権を購入して、光電話を使っている人は要注意です。

この記事の想定読者

・固定電話代を安くしたい人
・電話加入権を持っている人
・SoftBank Airに興味がある人
・固定電話を光回線からアナログ回線に戻す必要がある人

固定電話は必要?

インターネット接続サービスをSoftBank光からSoftBank Airに変えることになった経緯はこちらの記事に。予定外にインターネット回線費用の削減の機会が訪れました。

ここで困ったのが固定電話。SoftBank Airには固定電話をつなぐモジューラがありません。つまりSoftBank Airで固定電話は使えないということ。活躍の頻度は少なくなったとはいえ、我が家で固定電話は需要があります。

・学校など子供関連の連絡先は固定電話にしている
・妻の仕事関連の連絡先は固定電話にしている
・親戚や役所、その他の連絡先を固定電話にしている

携帯電話が一人一台になった現代で固定電話を保有する必要性はだいぶ薄れましたが、それでも固定電話には社会的信用が紐付いているところがあります。固定電話の廃止を家族に図ってみましたが、見事に却下。そこでソフトバンク光なしで、固定電話の番号を継続する必要があります。

そのようなサービスを探した結果、いろいろなことが分かりました。

光電話からアナログ電話にする

格安固定電話サービス”おうちのでんわ”

”おうちのでんわ”はソフトバンクが提供する固定電話サービスです。SoftBank Airと同じ無線(LTE)で固定電話を利用できるようにするもの。月額500円(最初の1年。2年目移行は980円)で利用でき、NTTの固定電話より安い。しかも電話番号も電話機もそのままできるということで、今回求める理想形です。

おうちのでんわ(ソフトバンク)

おうちのでんわ を申し込みにソフトバンクの店舗に行きましたが、今の電話番号では申し込めないとのこと。「NTTにアナログ回線に戻してもらってから、再度 おうちのでんわ にできるか、確認しにきてください」と言われました。理由が???でしたが、NTTに電話することに。

NTTにアナログ電話変更を申し込む

NTTにアナログ電話に変更して欲しいと電話すると、現在の電話番号でアナログ回線にはできないとのこと。アナログ回線を使いたいなら、新たに契約してくださいと言われました。電話番号が光回線専用の電話番号になっているとのことでした。

昔72,000円もだして電話加入権を買ったのに、加入権がないような言われ方するのはどうゆうこと? そこには「電話加入権は自然消滅する」という驚きの事実がありました。

電話加入権は自然消滅する!

固定電話の電話加入権は、同じ番号でひかり電話に切り替えた段階で「利用休止」となります。利用休止では、5年毎に利用休止期間の更新手続きが必要で、10年以上更新手続きがないと自然解約となります。

ふつう電話加入権は財産として扱われます。それがほっとけば自然消滅するとは。これは知らなかった。きっと光回線の契約の際に契約書に小さい文字で書かれていたのでしょうけどね。

我が家は過去、アナログ回線からフレッツ光(この段階で光回線に切り替え)⇒SoftBank光と乗り換えてます。かつ途中引っ越しも。この間、固定電話の加入権ごと引っ越ししている気でいましたが、フレッツ光にした時点で加入権消滅のカウントダウンが始まっていたようです。

私の田舎の固定電話も使う人がいなくなったので休止にしたのですが、このときに「10年経つ前に休止の更新手続きをしてください」と「再利用時には電話番号が変わります」とNTTに言われたのは覚えています。ただ10年後なんて、NTTからお知らせでも届かないと忘れていそうです。今回の件で印象が強くなりましたが。

固定電話はどうしたか

我が家では、固定電話の番号を変えずにアナログ回線に戻すということはできない、ということが分かりました。つまり、SoftBank光を解約できないということ。せっかく手に入れたSoftBank Airは無用の長物に。節約を企んで、逆に無駄なものを保有してしまったようです。

本日の結論

・SoftBank Airで固定電話は利用できないので注意
・固定電話はソフトバンクの”おうちのでんわ”で安くできる
・光電話にした時点で電話加入権は利用休止になる
・電話加入権は10年休止の更新手続きをしないと消滅する

それではまた!

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。