資産形成

【資産形成】2020年5月度の資産状況チェック

2020年5月度の資産状況をチェックしてみました。ちょと5月最終営業日の日経平均は21,877.89円。コロナショックを忘れたかのような相場となっています。4半期毎の資産チェックがマイルールなんですが、コロナバブルという言葉まで出てくるような状況なので、つい自分の資産状況が気になってしまいました。

資産チェックの方法

だいたいの資産(金融機関)はマネーフォワードに連携しているので、なにもしなくても資産状況はチェックできます。たとえば下のスクショはマネーフォワードが作ってくれる”資産の時系列推移”の表。

マネーフォワード 資産の時系列推移

昨年9月くらいから相場の急上昇に合わせ資産が膨らんで、今年の2月くらいからコロナショックで落ち込んでいます。

またマネーフォワードは各口座の金額や銘柄毎の損益まで各金融機関に連携して報告してくれるので、細かいことまで苦労せずに分かります。ホントはこれだけで十分何でしょうけど、便利すぎると頭に残らないんですよ、私は。なので私はエクセルの自前の資産管理表に転記することで、資産状況を把握するようにしてます。下がそのエクセル資産管理表の一部。

エクセル資産管理票

手を動かして記憶する、考える、という方法です。状況を点で見れるし、記録に残せるというメリットもあります。2010年から続けているので、もう10年。その時の資産は夫婦合わせて28百万でした。

このエクセル以前はMS Moneyというマイクロソフトが出していた資産管理ソフトなんかも使っていました。一番古い資産の記録は総額4百万円だったかな。華美を求めない貯蓄精神ある夫婦だったので(かなり自賛)、コツコツ貯めることができました。

2020年5月末の資産状況

現在の総額は伏せますが、4月末に比べて30万のマイナスでした。日米とも相場は良いようだし、不思議に思いましたが、なんと中国(香港)株が足を引っ張ってました。中国株は処分する気でいながら、中国はいち早くコロナ禍から抜けでた感じたったので、もう少しあがってからと処分を先延ばしにしていたのが裏目にでました。香港でのデモのせいか、はたまた米中摩擦のせいか。う〜ん、いつ処分しよう・・・

ちなみに昨年12月の資産額からマイナス400万くらい。このくらいが辺にバブルで下駄を履かされていない私のポートフォリオの実力かもしれません。

ABOUT ME
資格リッチ
都内に勤めるサラリーマン。 ”モテ資格探求家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。