日本100名城

【続日本100名城】石垣山城(一夜城)の行き方・小田原の楽しみ方

先週、趣味の城巡りに出かけてきました。今回は続日本100名城にも選ばれている神奈川県小田原市の石垣山城。豊臣秀吉が小田原の北条攻めの際に築いたあの”一夜城”です。周辺観光も合わせて紹介します。

石垣山城とは

天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原攻めの際、小田原城の約3キロの笠懸山の山頂に秀吉が築いた城です。

完成まで隠密に築城。完成後に周囲の木を切り払って小田原城から見えるようにしました。北条方からは一夜で城が出現したように見えたことで”一夜城”と呼ばれます。一夜城出現の衝撃に北条方は戦意をくじかれ、秀吉に降伏した一因ともなっています。

石垣山城へのアクセス

うめまる号


公共交通機関でのアクセスを紹介します。JR、小田急、箱根登山鉄道の小田原駅が出発点。

ここから小田原宿観光回遊バス”うめまる号”を使うと、小田原城、石垣山城などの小田原の主要観光スポットを巡ることができます。ただしうめまる号の運行は土・日・祝日のみ! 1日フリー乗車券は500円。小田原駅東口1番バス乗り場から1日11便運行してます。

うめまる号

車体は特に観光用にデコレーションされていない、普通のバスでした。

石垣山城攻城記

石垣山城へ

うめまる号 一夜城公園バス停


石垣山城へは、うめまる号で小田原駅から向かいます。一夜城歴史公園(ヨロイヅカファーム)下車。小田原駅からバスは山道を登って20分で着きます。

石垣山一夜城

バスを降りると、そこには大規模な石垣跡! 一夜城のなごりとしては、この石垣が一番大きいものです。山の上にこれだけの石垣が積まれているのが圧巻です。

石垣山城 石垣


石垣のそばに寄ってみました。この石垣があったから、この城が石垣山城と呼ばれるようになりました。

石垣山城 案内板

本丸跡へ

石垣山入り口


バス停のすぐ横にこの石垣山(一夜城)入口があります。

石垣山城

少し登って振り返ったところ。桜がきれいだったのでね。

石垣山城

本丸に向かう途中。ここにも石垣が残ります。

石垣山城 二の丸

二の丸跡。いまは広場のようになっています。

石垣山城

二の丸から本丸を目指します。上り坂ですが、そんなにきつくないです。ソメイヨシノではないですが、桜が咲いてました。

石垣山城本丸

石垣山城


石垣山の山頂に付きました。入口から5〜8分くらい。すぐ着きます。山城に慣れている人なら拍子抜けするレベル。

相模湾を見下ろすここは眺めがよいです。きっと秀吉や家康がここから小田原城を見下ろしていた場所。その小田原城はというと、目視はできますがかなり小さいです。もっと近く大きく見えるかと思っていました。小田原城の周りに大きな建物が立っているので、戦国の昔に比べたらかなり見えにくいでしょう。

石垣山城 本丸跡

海とは反対側に目を移すと、丘になっている部分があります。天守台跡です。

石垣山城 天守台跡

天守台跡の目印が立っていますが、当時を思わせるものは石くらいしか残っていません。

続100名城スタンプ

続100名城スタンプ置き場

石垣山城の100名城スタンプはバス停そばにある駐車場のトイレ前にあります。もうちょっと気の利いた場所だと嬉しいのですが。

石垣山城 100名城スタンプ

石垣山城のスタンプの色は青。バスを降りて最初に見た石垣がデザインされているよう。インクの出がよくて滲んでしまいました。

一夜城ヨロイヅカファーム

一夜城ヨロイヅカファーム

石垣山城の楽しみは城跡だけじゃありません。石垣山城の駐車場に隣接して、世界的パテシエの鎧塚俊彦さんが運営する”一夜城ヨロイヅカファーム”があるんです。鎧塚さんのお店って初めて。

一夜城ヨロイヅカファーム

レストランはカフェタイム(10:00~10:50、15:00~17:00)とランチタイム(一部11:15~/二部13:30~)に時間が区切られていて、時間はちょうどランチタイム。レストランは予約を取らないと入れませんでした。食事する気はなかったけど、お茶はしたかったな。また次回チャレンジだな。

ショップがあってパンとかケーキとかも買えます。せっかくですからソフトクリームを買ってオープンエアで。カカオ濃厚で美味しい!

一夜城ヨロイヅカファームより

相模湾を見下ろす眺めのよいスポットです。菜の花がきれいだ。

一夜城ヨロイヅカファーム

ファームと言うように、農場(菜園)があります。ブルーベリーとかハーブとか、いろいろ植えられています。

川島なお美の碑

一夜城ヨロイヅカファームで印象的なのがここ。鎧塚俊彦さんの奥さんだった亡・川島なお美さんの碑。
「蝶となって・・・」って書かれてますが、ほんとに菜の花の上を蝶が舞ってました。なんてタイミング!

個人的には血管にワインが流れている川島なお美さんより、お笑いマンガ道場のなお美ちゃんのほうが印象的だったな。

小田原港グルメ

うめまる号にのって石垣山城を後にします。次に向かうのは小田原港(早川港)。小田原漁港(おさかな通り)バス停で降ります。

漁港の周りは海鮮を扱う食堂がたくさんあります。有名なので行列ができる店もたくさん。(小田原港には何度か来てます)

小田原場外市場 港の台所 なみ

今回は入ったのは新規開拓で”小田原場外市場 港の台所 なみ”というお店。魚ご飯が食べ放題でした。

漬け丼セット

おすすめの漬け丼を注文。ご飯がお変わり自由なので、お刺身とご飯のどんぶりが別にきました。ご飯はかますご飯といわしごはんのハーフ&ハーフを自分で盛りつけてます。あとアラ汁もおかわり自由です。旨かった!
ここは”すみやき”とか”おしつけ(アブラボウズ)”という、地元ならではの魚も定食にして食べられます。

小田原城

続けて向かったのは小田原城。うめまる号のめがね橋(小田原城馬出門前)。登城ルートである馬出門から小田原城に登城できます。

小田原城
小田原城
小田原城

小田原城は何度も訪れています。小田原城の登城記はまたいつか別の記事で。

まとめ

小田原は何度も訪れているのですが、うめまる号を使った小田原観光を始めて。試してみたところ、
 午前:一夜城(+一夜城ヨロイヅカファームでお茶)
 →ランチ:小田原港(海鮮グルメ)
 →午後:ゆっくり小田原城と小田原市内観光
といった順番がオススメです。

新幹線で東京から3駅(品川、新横浜、小田原)。一番近い天守閣のある城の街。海外の人のおもてなしにもオススメな小田原。私の好きな街です。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。