ロボ投資

【ロボ投資】WealthNavi23ヶ月 コロナショック来襲 -○○.○○%来た!

ロボアドバイザーは儲かるか?私が月3万積み立てているロボアドバイザー投資のWealthNavi(ウェルスナビ)、23ヶ月目の状況です。

絶好調の先月から打って変わってコロナウィルスの世界的拡散に起因する世界的株価暴落発生(以下コロナショックと呼びます)。ロボ投資もすごいあおりを受けています。

ちなみに先月、22ヶ月目の記事はこちら。

WealthNavi 23ヶ月目の成績

本日確認した私の運用開始以来の運用成績は-11.60%。先月は+11.99%だったことを考えると、実に23.59%のブレ幅。ジェットコースターのような落下ぶりです。

WealthNavi ウェルスナビ
私のWealthNavi資産評価額

WealthNaviのポートフォリオ画面をみると、資産クラスのマイナス幅は日欧株が一番大きく、ついで米国株、新興国株、不動産とマイナスが続きます。なんと金と米国債権はまだプラス。これが資産分散の効果でしょうか。しかし改めて見ると、債権は米国債しか組み込んでいなかったか。

ポートフォリオ WealthNavi ウェルスナビ
私のWealthNaviポートフォリオ

今後のWealthNaviとの付き合い方

参考までに同期間の日経平均の価格を確認してみました。2/14(金)の日経平均は23,687.59円。3/13(金)の日経平均は17,431.05円。なんと6,256.54円の下落です。

日経平均検索結果
最近の日経平均株価

18,000円台になったらバランスファンドなどに買出動したいなと思っていたら、あっさり17,000円台に突入してしまいました。16,000円台も視野に入ってきたこと、経済の低迷は長期化しそうなこと(私の素人判断です)などから、もろもろ様子見ですが、世界的な株のバーゲンセールだなと思っています。(あれもこれも書いたくなっちゃう)

なのでWealthNaviの運用成績の-11.60%も当たり前かなと思っているし、月3万円の積立は継続。タイミングによっては追加入金を少しするかも。この局面でロボ(AI)が有効に働くのかは気になるところです。ここで賢く働かないと、ロボ投資やる意味ないですからね。定点観測している理由もそんなところだし。

怖いのはWealthNaviの利用者が預けた資産を急激に引き出して(取り付け騒ぎ)、WealthNavi自体が存続できなくなるリスクかな。そのあたり、市場にでているETFやオープン型のファンドと違って、簡単に資産規模の情報が取れないのがネックではあります。

いずれにしてもWealthNaviは私の資産をコア資産・サテライト資産に分けたとき、サテライト資産にあたるもの。これがコケても、資産全体として大ゴケしないようにはしてます。

まとめ

WealthNavi、いままで11%台がでていたのが異常値と思っていたので、、今回の-11%もそれほど驚きはありません。このブレ幅がリスクであり、リスク資産の醍醐味とも言えます。もともと昨年末くらいから日米の株式相場が加熱しすぎだったのが、コロナショックでオーバーシュートしたのが現在の状況かと。

涼しく書いてますが、私のコア資産であるファンドも2月からはとっても評価額が下がっています。でもそれでも焦らない。投げ売りはしない。コツコツ投資家は淡々と積立を続けるのみ。いままでの暴落もそうしてきましたし。

急落での損失に困っている企業も投資家には申し訳ないのですが(これは投資戦略の違いということで)、私がアーリーリタイアする前に安く買えるタイミングがきて、むしろありがたいと思っています。


この局面で投資を始められれば、かなり成果が出せそうな気がします。WealthNavi。



ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。