マネーハック

【投資】ビットコイン口座の解約の仕方

ビットコインが流行ったとき、流行りにのってビットコインを少額買ってみたのですが、その後取引もせずそれっきりになっていました。どうもビットコインやFXのような投機ものは私には合っていないようです。今回口座の断捨離の一貫で解約しました。

ビットコインのやめ方

私はビットコインの取引はビットフライヤーを使っています。解約の手順は3ステップです。

  1. ビットコインを売却して日本円にする
  2. 日本円を出金して口座を0円にする
  3. ビットフライヤーを解約する

すべてスマホのアプリから実行できました。スクリーンショットとともに説明します。

ビットコインを売却して日本円にする

ビットコインを売る
ビットコインを売る


かなり久々のビットコインの取引。アプリから保有ビットコイン全額を売ります。

ビットコインを売る


ビットコインの残額が0になり、すべて日本円になりました。58,893円。確か51,000円入金したはずなので、ちょっとは増えたようです。

日本円を出金して口座を0円にする

ビットフライヤーから出金する


ビットフライヤーを解約するために、口座を0円にする必要があります。出金画面で登録済みの銀行に日本円を出金する必要があります。注意点は振込手数料を引いた額を出金額とすること。2020年1月8日時点の振り込み手数料は以下です。

三井住友銀行
 3万円未満 220円(税込)
 3万円以上 440円(税込)
三井住友銀行以外
 3万円未満 550円(税込)
 3万円以上 770円(税込)

三井住友銀行が手数料的に有利ですが、私は残念ながらみずほ銀行ユーザーです。58,893円から770円を引いた58,123円を入力します。綺麗に0円にしなくてはならないので、計算間違ってないか緊張する瞬間。

ビットフライヤー 総資産額

総資産はちゃんと0円になりました。

ビットフライヤーを解約する

ビットフライヤーの解約

ビットフライヤーの解約は、お問い合わせ画面をだして、そこにある「リンク先のフォーム」をクリックします。

ビットフライヤー解約

解約専用のお問い合わせ画面になるので、上段の口座残高が”0”であることを確認して解約依頼をだします。コメント入力欄がありますが、空欄で問題なく解約できました。

登録金融機関にお金が振り込まれていることが確認できたら、スマホのアプリを削除してビットコインの解約はすべて完了です。

まとめ

ビットコインをやめる(ビットフライヤーのアカウントを解約する)のは、スマホのアプリから簡単にできます。投資口座は多すぎても管理が手間。休眠口座になっているのでしたら、タイミングみて解約して、さっぱりするのも大事です。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。