サイト育成

MacのスクショにSkitchが便利だがEvernoteのアップグレードが必要だった件

全力サイト育成中、資格リッチです。今回はMacでスクリーンショット(以下スクショ)を撮る方法を記事にしました。

MacのスクショにSkitchが便利

このブログの記事はMacで書いています。サイト育成記などにスクショを多様していますが、このスクショはSkitch(スキッチ)というフリーソフトを使っています。無料で機能はシンプルですが、私がしたいことは大抵できます。実際こんなことができます。

  • スクリーンショットをとる
  • 画像に文字を入れる
  • 画像に四角囲みを入れる
  • 画像にマーカーをひく
  • 画像にスタンプを入れる
  • 画像にモザイクを入れる
  • 画像をトリミングする

下の画像は、App StoreでSkitchを検索したものをスクショし、オレンジの色で文字や矢印を入れたものです。

Skitchの機能

毎回ドックやLaunchpadからSkitchを起動しなくても、Skitchを常駐させていれば、撮りたいときにすぐスクショがとれます。Skitchは昔から使っていましたが、常駐させてメニューバーからスクショを撮る方法を知ったのはついこの間。これでずいぶんブログ作成の時間が短縮できるようになりました。

MarsEditとSkitchの相性も最高

ブログエディターとしてMarsEditを使用しています。SkitchはMarsEditと相性の抜群。スクショを撮ってSkitchで加工したものを、そのままMarsEditにドラッグ&ドロップすることができます。

実はSkitchからMarsEditに画像ファイルを直接ドラッグ&ドロップできると知ったのもつい最近。それまではSkitchで加工したファイルを、JPEGファイルでMacのローカルフォルダにエクスポート、これをMarsEditにドラッグ&ドロップという方法をとっていました。写真アプリの写真はMarsEditにドラッグ&ドロップできることは知っていたのですが、Skitchからもできるのは知らなかったのです。何事も「できない」という思い込みや「知らない」ということは損なものです。

Evernoteの容量超過に直面

実はSkitch、Evernoteのディスク領域を使用しています。Evernoteはいままで無料のプランで使っていましたが、Skitchのスクショが保存できなくなって、はじめてEvernoteのディスク容量不足という事態に直面しました。

Skitchでスクショが保存できない

Evernoteのベーシックといわれる無料プランの月間アップロード容量は60MB、プレミアムは10GBが上限です。アップロードしたファイルを削除してもアップロード容量が減ることはないので、上限値に達したらリセットされるまで、最大1ヶ月待たなければならないのが罠。

もはやこのSkitch⇒Marsedit⇒WordPressの便利さから離れられないので、Evernoteの有料プランに移行することにしました。

Evernoteの有料プランへの移行

月払い600円のプランと、年払い5,200円のプランがありました。悩みましたが年間2,000円安い年払いプランにしました。これは明に中止しないと自動更新されます。気をつけないと。

Evernoteプレミアム年払い

まとめ

Macでのスクショと簡単が画像加工にはSkitch(スキッチ)が便利。ただしEvernoteの容量をとっても喰うのでEvernoteのアップグレードが必要、という結論です。Skitchが無料で重宝していただけに、トラップに引っかかった気分でちょっと残念。

まあPC操作説明のブログ用途のようなスクショでなければ、無料プランの60MBで収まるかもしれませんが、使いすぎないよう注意は必要かもしれません。

ABOUT ME
資格リッチ
IT企業に勤める40代サラリーマン。 ”モテ資格研究家”として人生にモテる資格を求め80以上の資格を取得。 100名城登城、御朱印集め、モーターボート、グルメ、モデラー、ガジェット収集、筋トレ・ヨガなど趣味多数。 20代から資産形成にも取り組む。インデックス投資を軸として世代平均を大きく超える成果も実現。 都会(東京)と田舎(安曇野市)に二拠点を構え、ライフ・シフト後の生活スタイルを試行中。 学びと投資でサラリーマン・OLが豊かになる術を綴ります。